文章を読むのが遅くて、イライラしていませんか?
文章を読むのが遅いのを直すとは?
大阪速読 大阪国語
読書をすると眠くなるのをどうにかするとは?

速読で読む本!

紛争?アフリカ?東ティモール?小学生にもわかる文章で解説しています。

 

『さよなら紛争 ー武装解除人が見た世界の現実ー』

伊勢﨑賢治著

河出書房出版

 

中学入試過去問および大手塾国語テキストに出ていたので、取り寄せて読みました。

 

2009年発行で少し古いですが、大人が今読んでもとても勉強になることばかりです。

 

みなさんは、アフリカやアジアで紛争があるのをご存じだと思います。

 

著者の伊勢﨑先生は、東京外国語大学の教授をなさっていて、ご専門は国際関係論、特に、平和構築学という学問を専門になさっています。

 

本著でもあるように、伊勢﨑先生はNGOスタッフとして、長い間シエラレオネや東ティモール、アフガニスタン等で武装解除の解決人として活躍してから教授をされています。

 

仲裁に入る場合、まず取り組まなくてはならないのは、武器を捨てても殺されない、という安心感を与えることだと先生は説いています。そのために、中立的な立場の人間として非武装で乗り込み、敵でも味方でもないということをわかってもらうことからはじめます。

 

この、中立的な立場、というのが日本にずっといるとピンとこないのですが、日本は憲法9条により、戦争を放棄しているというのが大きいようです。

 

というのも、日本人が交渉にあたると、はっきり言うと人畜無害なわけです。戦争を仕掛けてくるわけでもなく、何か武器を隠し持ってやってきているわけでもない。丸腰なわけです。加えて、自動車などで彼らは日本製品をよく知っています。知らない人種というわけではないようです。

 

信頼してもらったら、次に聞き役に徹することのようです。滅茶苦茶な要求を突き付けてくるらしいのですが、まずは否定せず聞くこと。ここらへんは、平和な日本でも普通に大事なことですよね。

 

ただ、そうは言っても、紛争はなかなかなくならない。理不尽な殺りくや残虐な行為は後を絶ちません。

 

では、どうすればいいか。

 

伊勢﨑教授は説きます。

 

それは、広告力で紛争を止める、ということです。

 

は?何て?

 

でも、第二次大戦のときも、プロパガンダにより戦争へと人々を誘導していったことは歴史を少し勉強すればよくわかることです。プロパガンダ、すなわち、戦争をすべきだと宣伝広告を盛んにすることで、人々は自然に戦争へと心を傾けてしまうわけです。

 

間違ったことであっても、それは正しいことだと何十回も言われると、正しいように聞こえてしまう。これが宣伝広告の怖さであり、力のすごさでもあるわけです。

 

ということは、逆にそれを平和利用すればいいのではないか。

 

伊勢﨑先生はそう説いているのです。

 

なるほど、目からうろことはまさにこのことかもしれません。

 

なお、本著は小学生でもきちんと理解できるように、平易な文章とわかりやすい流れで構成されています。中学受験を考えていない親子にも、ぜひお読みいただきたいと思います。

 

#読書

#速読

#中学受験

#国語

#国際社会

#紛争

#世界

速読は誰でもできます

動画に写っている彼らは中学受験の勉強をしたわけでもなく、特別な技能を持っているわけでもありません。


ごく普通の小学生です。しかも地元の公立中に進んだ子たちです。


ごく普通の子でも1~2カ月でこの状態になります。


速読は特別な技能でも、うさんくさい何かでもありません。


やり方をきちんと身につければ、自動車の運転のように誰でもマスターできます。
 

たった30分で3倍の速読ができるようになります

2013年の開業以来、速読ができるようになった人

驚きの100%

(誇張広告では決してありません)

 

たった1回・30分の指導で

瞬く間に速読が身についてしまいます。

 

他の速読教室や速読本・速読アプリで速読が身につかなかった人も、100%パワー速読Ⓡを身につけていただいております。

たった30分で3倍の速読ができるようになります

速読ができるようになった人。

2013年の開業以来、100%

 

たった1回・30分の指導で

瞬く間に速読が身についちゃいます。

 

他の速読教室や速読本・速読アプリで速読が身につかなった方も、100%パワー速読Ⓡを身につけていただいております。

速読はうさんくさい
速読ってなかなか身につかないです…よね?
!!

実は速読ってなかなか身につきません。

それは、普通の速読教室さんは●●を動かしているからなんです。(●●は教室にお越しの際ご質問ください)

 

●●を動かしている限りは、絶対に速読なんてできるはずもありません。

 

そんなことをしていたら、いわゆる「ななめ読み」や「飛ばし読み」がはじまります。

 

速読と、ななめ読み・飛ばし読みはまったく違います。

 

世の中の速読教室さんの過半数は●●を「激しく」動かすトレーニングをしています。そんなのは、速読なんてできるはずもありません。

!!

速読教室の先生は、速読ができない

実は速読教室の先生は、速読ができない人が結構います。

 

えっっ?

 

びっくりしたでしょう?でも本当なんです。

 

普通、先生と言えば、その道の達人のはず…はずですよね。

 

でも、速読教室に限って言えば、速読なんてしない人が先生になっているケース、結構あるんです。

 

速読はおろか、本もろくずっぽ読まない。

 

そんな先生に習いたいですか?速読できそうですか?

!!

速読で本当に本の内容がわかるんですか?

はい、わかります(キッパリ)

 

やり方が存在します。

 

速読歴30年以上の私が指導します。

 

ついでに言うと、私の専門は国語(特に中学受験国語)です。大学卒業時に国語の教員免許も取得しています。

 

過去に、速読を否定して速読をしていなかった時期がたくさんあります。そうかと言えば、真逆に一日5~6冊を読みふけっていた時期もあります。

 

いろんな読み方をしてみて、ようやくたどりついた結論。

 

それを、教室できちんと伝授いたします。

 

何かの研修をちょろちょろっと受けて、ポッと出で先生になったような人とは圧倒的に違う指導をしています。

 

どうすれば受講できる?

おためしで1回だけ指導を受けてください。

 

1回、たったの30分で速読スキルがついてしまいますので、有料にしております。

 

指導をするのは「速読の初歩の部分」だけですが、それだけでもトレーニング前の3~5倍の読書速度になります。

 

親子で受講も可能です。

 

というよりかは、親子で1回おためしをお受けになる方、結構多いです。

 

(そして、お子さまに指導後の結果が惨敗となるお父さんお母さんを今までにたくさん見てきましたww)

 

お受けになったあと、

1)ご家庭でどのようにすれば速読をマスターできるか

2)引き続き教室に通って速読をマスターするにはどうすればよいか

についてご説明します。

 

お電話等ではお伝えしておりません。

 

速読イコールうさんくさい、と世間の皆さまから思われているのが嫌ですので、1回お試し後こちらから営業電話等は一切しておりません。

 

お越しになる場合は事前のご予約を必ずお願いいたします。

 

こちらをタップしてください

 

いきなりそんなのは恐いわ。体験談とか、そういうのはないの?という方はこちらをタップしてお読みください。

(大阪速読のページをご覧いただけます)

お気軽にお電話でご連絡ください
070-1839-5340 070-1839-5340
Access

複数の路線が乗り入れる便利な十三駅から徒歩約5分の場所で速読術が学べます

概要

店舗名 大阪速読 大阪国語
住所 大阪府大阪市淀川区十三東2-9-8十三田中ビル3階
電話番号 070-1839-5340
最寄り 阪急十三駅東口より徒歩60歩
クレジットカード JCB、AMEX、Diners、VISA, MASTER, LINEペイ,PayPay,au pay
駐車場 近隣にコインパーキングが多数ございます(駐車料金の割引等はおこなっておりません)

アクセス

宝塚線や神戸線、京都線すべての電車が停車する便利な阪急十三駅の東口から歩いて60歩の場所に教室がありますので、大変通いやすい環境です。遠方からもお気軽に通えます。
特徴

大阪・阪急十三駅前から徒歩で行けるアクセスの良さが自慢

受験・資格合格など様々な目的を持った生徒様が通っています

速読教室を阪急十三駅の近くで営み、それぞれ目標を持った生徒様が通っています。速読教室には色んなところがありますが、阪急十三駅近くの教室では30分で読むスピードが数倍になるノウハウを教えています。速読は「速く読む」ということだけをクローズアップされがちですが、速読は読解力アップという受験や資格取得を目指す方々にとって見逃せない効果が期待できます。

速読をマスターすれば脳内に蓄積できる知識はアップします。知識が備わってさえいれば、受験や資格の文章題などを読んだ時の理解度は高まります。速読技術は、理解する力を大幅に向上させるのです。長い時間をかけて速読テクニックを指導する教室もございますが、十三駅近くにある教室で教えているのは短時間で学べ難しくないテクニックです。小学生から80代の方までご利用していただいています。

RELATED

関連記事