文章を読むのが遅くて、イライラしていませんか?
文章を読むのが遅いのを直すとは?
大阪速読 大阪国語
読書をすると眠くなるのをどうにかするとは?

速読で読む本!

中学受験国語に出る】安岡章太郎の代表作ともいうべき作品

 

『海辺の光景』

安岡章太郎著

新潮文庫

 

海辺の精神病院に入院する母。その母を父とともに見舞う信太郎。その日から母が死ぬまでの9日間をリアルに描いた作品。

 

 

 

母は60前にして老人性の健忘症にかかっている。そして、健康なときと比べて、ガリガリに痩せこけ、反応も極めて薄い。

 

母は父とはお見合い結婚した。しかし、昔によくあるパターンの、結婚式当日まで相手の顔を知らないという、現代では考えにくいお見合いだ。

 

式当日、相手を見た母は、ひどく嫌がる。そう語っていたことを痩せこけた姿を見ながら、信太郎は思い出す。

 

父は父で日華事変のあたりからずっと軍の仕事で終戦まで家を空けており、毎月一定額が給与として係の人から運ばれてくることで、信太郎は父の存在を感じていた。(今と違い、給与振り込みは存在はしない)

 

終戦後、父は家に戻り、鶏を飼いだす。しかし、農家から仕入れたものの、すでに老いたり使い物にならない扱いのものばかり掴まされたので、卵なんか生みはしない。餌ばかり食う始末。

 

 

借金をして家を買い、一家で暮らそうという話になり、銀行で赴く信太郎。ところが、面接時にぶっきらぼうな態度を取り、借金の話を断られてしまう。信太郎は父母と一緒に暮らしたくなかった。

 

 

病院到着後、日が経つに連れ、母は弱っていく。その姿を見ながら、そんな昔の様子を思い出していた信太郎。結局、家族ってなんだったのだろうか。そんな虚無感さえ感じていた。

 

いよいよ母の命が消えかかっていることを察知し、伯母を呼び寄せる。そして、あっけなく息を引き取る母。そこに立ち会う信太郎。極めて事務的に臨終を告げる医師。

 

 

 

なんというか、読んでいて本当に最後は虚無感しか感じなかった。(外はカラッと晴れているのに。しかも今はGWの最中。緊急事態宣言中ではあるけれど。)

 

 

昨日読んだ三浦綾子先生の「銃口」のときのような、感動の嵐とは正反対の、無しかないようなフラット感。読む前はテンションが高かったのに、読後はコロナで数千億円の経常赤字を出してしまった社長の気分になったw

 

 

なお、本著は中学受験の過去問題に出題されている。ただ、小学生に読ませるのは少し難解かもしれない。登場人物の複雑な心理状況を読み取るには、相当な読解力を必要とする。

 

本著は小学生にとって、「古典」みたいな文章である。

 

なので、難関中学を目指す、国語なら任せとけ的な6年生、しかも小説が大好物の子(おそらく女子児童)に読んでもらいたい。

 

#読書

#速読

#中学受験

#中学入試

#国語

#小説

速読は誰でもできます

動画に写っている彼らは中学受験の勉強をしたわけでもなく、特別な技能を持っているわけでもありません。


ごく普通の小学生です。しかも地元の公立中に進んだ子たちです。


ごく普通の子でも1~2カ月でこの状態になります。


速読は特別な技能でも、うさんくさい何かでもありません。


やり方をきちんと身につければ、自動車の運転のように誰でもマスターできます。
 

たった30分で3倍の速読ができるようになります

2013年の開業以来、速読ができるようになった人

驚きの100%

(誇張広告では決してありません)

 

たった1回・30分の指導で

瞬く間に速読が身についてしまいます。

 

他の速読教室や速読本・速読アプリで速読が身につかなかった人も、100%パワー速読Ⓡを身につけていただいております。

たった30分で3倍の速読ができるようになります

速読ができるようになった人。

2013年の開業以来、100%

 

たった1回・30分の指導で

瞬く間に速読が身についちゃいます。

 

他の速読教室や速読本・速読アプリで速読が身につかなった方も、100%パワー速読Ⓡを身につけていただいております。

速読はうさんくさい
速読ってなかなか身につかないです…よね?
!!

実は速読ってなかなか身につきません。

それは、普通の速読教室さんは●●を動かしているからなんです。(●●は教室にお越しの際ご質問ください)

 

●●を動かしている限りは、絶対に速読なんてできるはずもありません。

 

そんなことをしていたら、いわゆる「ななめ読み」や「飛ばし読み」がはじまります。

 

速読と、ななめ読み・飛ばし読みはまったく違います。

 

世の中の速読教室さんの過半数は●●を「激しく」動かすトレーニングをしています。そんなのは、速読なんてできるはずもありません。

!!

速読教室の先生は、速読ができない

実は速読教室の先生は、速読ができない人が結構います。

 

えっっ?

 

びっくりしたでしょう?でも本当なんです。

 

普通、先生と言えば、その道の達人のはず…はずですよね。

 

でも、速読教室に限って言えば、速読なんてしない人が先生になっているケース、結構あるんです。

 

速読はおろか、本もろくずっぽ読まない。

 

そんな先生に習いたいですか?速読できそうですか?

!!

速読で本当に本の内容がわかるんですか?

はい、わかります(キッパリ)

 

やり方が存在します。

 

速読歴30年以上の私が指導します。

 

ついでに言うと、私の専門は国語(特に中学受験国語)です。大学卒業時に国語の教員免許も取得しています。

 

過去に、速読を否定して速読をしていなかった時期がたくさんあります。そうかと言えば、真逆に一日5~6冊を読みふけっていた時期もあります。

 

いろんな読み方をしてみて、ようやくたどりついた結論。

 

それを、教室できちんと伝授いたします。

 

何かの研修をちょろちょろっと受けて、ポッと出で先生になったような人とは圧倒的に違う指導をしています。

 

どうすれば受講できる?

おためしで1回だけ指導を受けてください。

 

1回、たったの30分で速読スキルがついてしまいますので、有料にしております。

 

指導をするのは「速読の初歩の部分」だけですが、それだけでもトレーニング前の3~5倍の読書速度になります。

 

親子で受講も可能です。

 

というよりかは、親子で1回おためしをお受けになる方、結構多いです。

 

(そして、お子さまに指導後の結果が惨敗となるお父さんお母さんを今までにたくさん見てきましたww)

 

お受けになったあと、

1)ご家庭でどのようにすれば速読をマスターできるか

2)引き続き教室に通って速読をマスターするにはどうすればよいか

についてご説明します。

 

お電話等ではお伝えしておりません。

 

速読イコールうさんくさい、と世間の皆さまから思われているのが嫌ですので、1回お試し後こちらから営業電話等は一切しておりません。

 

お越しになる場合は事前のご予約を必ずお願いいたします。

 

こちらをタップしてください

 

いきなりそんなのは恐いわ。体験談とか、そういうのはないの?という方はこちらをタップしてお読みください。

(大阪速読のページをご覧いただけます)

お気軽にお電話でご連絡ください
070-1839-5340 070-1839-5340
Access

複数の路線が乗り入れる便利な十三駅から徒歩約5分の場所で速読術が学べます

概要

店舗名 大阪速読 大阪国語
住所 大阪府大阪市淀川区十三東2-9-8十三田中ビル3階
電話番号 070-1839-5340
最寄り 阪急十三駅東口より徒歩60歩
クレジットカード JCB、AMEX、Diners、VISA, MASTER, LINEペイ,PayPay,au pay
駐車場 近隣にコインパーキングが多数ございます(駐車料金の割引等はおこなっておりません)

アクセス

宝塚線や神戸線、京都線すべての電車が停車する便利な阪急十三駅の東口から歩いて60歩の場所に教室がありますので、大変通いやすい環境です。遠方からもお気軽に通えます。
特徴

大阪・阪急十三駅前から徒歩で行けるアクセスの良さが自慢

受験・資格合格など様々な目的を持った生徒様が通っています

速読教室を阪急十三駅の近くで営み、それぞれ目標を持った生徒様が通っています。速読教室には色んなところがありますが、阪急十三駅近くの教室では30分で読むスピードが数倍になるノウハウを教えています。速読は「速く読む」ということだけをクローズアップされがちですが、速読は読解力アップという受験や資格取得を目指す方々にとって見逃せない効果が期待できます。

速読をマスターすれば脳内に蓄積できる知識はアップします。知識が備わってさえいれば、受験や資格の文章題などを読んだ時の理解度は高まります。速読技術は、理解する力を大幅に向上させるのです。長い時間をかけて速読テクニックを指導する教室もございますが、十三駅近くにある教室で教えているのは短時間で学べ難しくないテクニックです。小学生から80代の方までご利用していただいています。

RELATED

関連記事